骨格診断が当てはまらない・・・ どういう服を着ればいいの? という方は、読んでください♡

スタイル良く見せる方法(体型分析・骨格診断)

 

骨格診断が当てはまらない・・・という方へ

 

 

 

こんにちは。
慶子です。

 

 

 

ここ数年、ネットや雑誌で骨格診断が流行ってますよね。
骨格診断は、診断結果がその場でわかるのが、良いところの一つです。

 

 

その反面、「一人でやってみたけれど、結果がよく分からない」というお声も耳にします。

 

 

 

検索してくださる方は診断方法に関係なく、「自分の見た目をもっと好きになりたい!」「もっとおしゃれになりたい!」という願望があると思いますが、そう思う方はこの記事を参考にして、実際にやってみてもらえると嬉しいです。

 

 

 

ちなみに今回お伝えするのは、私が使っているImage Innovators社の、体型分析というツールの簡易バージョンです。

 

私はウエスト周りがとても気になっていたので、体型分析を受けてから、自分の見た目を好きになれたのが本当に嬉しかったです。

 

 

 

でははじめますね!

 

 

 

1.メジャーで測って自分のサイズを把握する

 

3タイプに分かれる骨格診断で、身体の厚みとかよく分からない…という方は、体を測ってみるとスッキリすると思うのです ^ ^

 

 

まずは思い切って、バスト・ウエスト・ヒップを測って、数値をメモしてみましょう。

(嫌なお気持ちも、分からなくもありません)

 

 

 

B・W・Hの数値を見ることで、ご自分のサイズを把握できたかと思います。

 

 

 

体型分析は大まかに、6タイプに分かれます。
(実際の体型分析では、肩の形4分類・上半身下半身バランス4分類・骨格タイプ3分類・首タイプ5分類・顔のタイプ10分類。他の項目もあるので、全部で14,400分類です)

 

 

まずは6タイプを分かりやすく、フルーツに例えてみますね。

 

 

①チェリータイプ(Hourglass)
バストとヒップがほぼ同じサイズで、ウェストに大きなくびれがある体型(理想体型)

②ペアータイプ(Triangle)
上半身より下半身の方が大きい、日本人女性に最も多い下半身重心の洋梨体型

③ストロベリータイプ(Inverted Triangle)
下半身よりも上半身の方が大きい、モデル体型とも言われる上半身重心の体型

④バナナタイプ(Rectangle)
バスト、ヒップ、ウェストのサイズに大きな差がない体型

⑤オレンジタイプ(Oval)
お腹周り、特に下腹部が目立つ体型

⑥スターフルーツタイプ(Diamond)
お腹周り、特に上腹部が目立つ体型

 

 

あなたの体型は、どのフルーツに当てはまりそうですか?

 

 

 

ちなみに私は、ペアータイプです。

 

 

 

大体どんな体型があるか、分かったところだと思います。

 

 

 

2.スタイル良く見える服を着る

 

自分のサイズを確認したら、服だけでスタイル良く見せるにはどうすればいいかを考えて、実践していきます。

 

 

言い換えると、服だけでスタイル良く見せることができる、ということですね ^ ^

 

 

私は、買っても着なくなる服が多すぎて自信を失うタイプだったので、スタイル良く見える服を着るようにしていたら、自分の見た目を好きになれたことが、本当に嬉しかったです♪(嬉しいので、何度も言う 笑)

 

 

 

ではさっそく、①の、チェリータイプ(Hourglass)の似合う服をお伝えします。

 

チェリータイプさんは、バストとヒップが大体同じくらいのボリュームの方なんですね。

ほぼ理想体型なので、ウエストを隠さないほうが、スタイル良く見えます。

また、ボックス型の服はもさっとして見えるので、避けたほうが良いです。

体に沿った、ウエストシェイプされた服がお似合いになりますよ♡

 

 

 

②の、ペアータイプ(Triangle)

 

バストよりヒップが大きい方です。(何センチ大きいかは、お会いしたときにお伝えしますね ^ ^ )

なので、理想体型に近づくには、上半身を大きく見せ、下半身を小さく見せる服がおススメです。

 

と言っても、具体的にどういう服か、分かりませんよね。

下記に、例えを挙げますね。(肩幅が小さめの前提ですので、肩幅が広い人は、参考にしないでくださいね)

 

まず、上半身を大きく見せたいので、好きかどうかは置いておいて、横ボーダー、パフスリーブ、大きい袖、大きい襟、フリル、肩の肩章、ボートネック、オフショルダー(なで肩の人はNG)、ボトムスより明るい色、曲線柄のトップスがお似合いになります。

 

ちなみに体型分析では、体型や骨格と似合う柄は関連しませんので、似合う範囲でお好きなものを選びましょう☆

 

反対に、下半身は小さく見せたいので、無地、トップスより暗い色、スキニーパンツ(ヒップが大きすぎる人はNG)、ストレートラインのスカート、縦ストライプ、広がりすぎない細いプリーツ、ボタンフロントのスカート等がおススメです。

 

このタイプだけど、ふんわりスカートを履きたい♡、 明るいボトムスを着たい~ という方は、実際にお会いしたときに、スタイル良く見えるボトムスの選び方をお伝えしますね ^ ^

 

 

 

③の、ストロベリータイプ(Inverted Triangle)

 

ヒップよりバストが大きい人です。

理想体型に近づけるには、上半身を小さく、上半身を大きく見せる服がおススメです。

 

なので、上半身は、ラグランスリーブ(肩幅がありすぎる人はNG)、フレンチスリーブ、ノースリーブ、ボトムスの色より暗くする、シングルボタンのジャケット、縦ストライプ等、スッキリ見えるものがOKです。

 

逆に下半身は大きく見せたいため、デザイン性のあるボトムス、フレアスカート、Aラインのスカート、ワイドパンツ、曲線、横ボーダーのスカートやパンツがおススメです。

 

 

④の、バナナタイプ(Rectangle)

 

バナナタイプさんはくびれがほとんどない方で、小枝のような細い方(aタイプとします)と、木の幹のようなシルエットの方(bタイプとします)に分かれます。

 

aタイプの方はとても細い方なので、バストとヒップの両方にボリュームを持たせる服を着ると、スタイル良く見えます。

なので、ペアータイプの服と、ストロベリータイプの服の要素を組み合わせていくのですね。

 

 

bタイプの方は、全身を細く、小さく見せていくのがおススメです。

なので、シングルボタンのジャケット、縦の直線、上下同系色、ジャケットを開けて着て縦ラインを作るのがおススメです。太すぎるベルト、体にフィットしすぎる服、光沢があるキラキラした服は、元々の体より大きく見えるため、避けたほうが良いです。

 

 

 

⑤の、オレンジタイプ(Oval)
⑥の、スターフルーツタイプ(Diamond)

 

共通するものが多いので、一緒に書きますね。

全体的に、小さく見せる服がおススメです。

 

なので、服の縦線を効果的に使っていきます。ロングカーディガンを開けて着たり、セントラルパネルの服、縦ストライプ、ロングネックレス、スカーフを使ったり、肩パットで肩を取るとシュッとして見えます。

曲線より、直線がおススメです。上下同系色にしたり、目線を上に上げるために、上半身にアクセントをつけるのもOKです。

全体的に、縦長ラインを意識しましょう~

 

 

 

14,400分類には遠く及びませんが、各タイプにお似合いの服をざっとご紹介しました ^ ^

 

 

お似合いになる服は、取り入れられそうでしたか?

 

 

 

 

知識を取り入れたら行動してみないと、いつまで経っても同じ状態が続くのです(>_<)

以前の私は勇気がなくて、なかなか行動に移せなかったタイプですけどね。

 

 

 

 

ちなみに
「あなただから着こなせる服」を着てると、
お気に入りの服を長い間着られますし、
「どこから見られても大丈夫」という自信がつきます。

 

 

 

自信がある分野は多ければ多い方が良い、という考えもありますよね ^ ^

 

(もちろん、他の考えがあってもOK!ですよー)

 

 

 

「結局私はどうすればいいの~?」と同じところで止まってしまって、一歩を踏み出せないときは、こちらのコースで一緒にぐぐっと解決していけると、私は嬉々として喜びます(*^^)v

 

 

お一人お一人にお似合いになる服やアクセサリーが、手に取るように分かりますので、スッキリして、自信もついてきますよー。

 

 

 

私は今から、不労所得を含めた会計処理をしまーす。(書類溜めすぎちゃった・・・)

週末は、今年最大と言われる台風が接近するようなので、万全の備えをしてくださると嬉しいです。

 

 

いつもあなたのことを応援しておりますね☆