プロフィール

 

片瀬 慶子(Keiko Katase)

イメージコンサルタント

静岡市清水区在住

 

<略歴>

小学生のときから叔母の通うブティックへ同行させてもらい、質の良い服に触れたり、ピアノの発表会のふわっとしたドレス、
旅行用の動きやすい服、細かいスパンコールが施されたセーターも含め、手間暇がかかった服をたくさん祖母から作ってもらう。

いつしか祖母のように愛情のこもった服を作れるようになりたい、と思うようになり、中学の頃から祖母に洋裁を習うようになる。

だが、進学校に通っていたため、ファッション系専門学校への進学は反対された。

洋服への興味は尽きることがなく、東京家政大学服飾美術科へ進学し、洋裁、和裁、色彩学、アパレルCAD、
服飾文化史、マーケティング論、被服繊維学、被服整理学、栄養学、住居学等被服学を中心に
家政学全般を4年間
3,000時間以上、みっちり学ぶ。

大学卒業後、販売員として接客業に従事。その後、百貨店や国会議員事務所で勤務したことをきっかけに
マナーや接遇について学び始める。(販売員→百貨店→国会議員秘書→図書館司書→事務系派遣OLを転々と)

しかし、母のように慕っていた祖母が交通事故で急逝。

それが引き金となり、9年間 うつ病を患う。
寂しさ、悲しさ、絶望感、
自信のなさ、劣等感、体型コンプレックスを隠すため、いつしかたくさん買い物を
するようになっていった。

クローゼットはギューギューだったが、コーディネートしようとすると上下がなんとなく合わなかったり、家を出てから
鏡に映る自分の姿を見て、帰って着替えたくなることもしばしば。

服を大事にしたい私にとって、お買い物は楽しい反面、着ない服が増えていく状況は苦痛でもあった。

さらには、ずっと人から習わずに自己流メイクをしていたため、メイクの効果もよく分からない状態で、
童顔コンプレックスも抱えることになる。

そんな状態を30歳過ぎても続けていたせいか、「優しい = 自分の考えが全くない人」
というイメージを持たれてしまい、仕事も婚活も散々なものだった。

そんな私が変わることができたのは、ある日インターネットでアパレル産業の水質汚染を知り、
「極力余分な服を買わないようにして、地球環境にも優しい人になりたい♡
これからは他人の評価を基準にするのではなく、自分のために時間とお金を使っていきたい。」
と思い立ち、まずは自分のために、ファッションとメイクを整えようと思ったのがきっかけだった。

その体験の中で「好きで似合うものを知っていたら、画期的な商品を頑張って買わなくても、私の見た目は大丈夫♪
もちろん急に美人になったりするわけじゃないけど、体は体で、顔は顔で、毎日精一杯ちゃんと頑張ってる。
ほんの少し気を配ってさえあげれば、健やかな状態で、まるーく収まるようにできている♡
自分は自分のままでよかったのである。足りないものなんて一つもなかったのだ。
巡り巡って、環境にも優しい。」
と実感。

メイクとファッションのコツをつかめば、「いつかなりたい自分」に憧れる人生ではなく、
「なりたい自分になっている自分」として仕事やプライベートをもっと楽しめる、と。

自分が理想とする、「ファッションやメイクは無限の可能性がある」という、型にはまらないイメージコンサルティング
の手法を国際イメージコンサルタント ako師 が提供していたため師事し、ライセンスを取得後、
開業する。

好きで似合うを兼ね備えた服とコスメをさくさく選べるようになり、見た目を整えて他人へ与える印象を変えられた
ことをきっかけに、パートナーシップもお金面もガラリと変わったことから、
「ファッションとメイクの可能性や、選択の幅の広さをお伝えしたい♡
たとえ数が少なくても、自分の好みや似合う服を知って(身に着けて)るから、私は私のままで大丈夫♪
と、どんな場面でも安心して過ごせる人を増やしたい」
という思いを胸に、楽しみながら活動している

 

<資格>

Mu:Design Asia Image Consulting 認定 国際イメージコンサルタント

パーソナルカラーアナリスト/ファッションスタイリスト   

国際マナー・コミュニケーションアドバイザー

NLPマスタープラクティショナー               

 

 

<趣味・好み・その他のこと>

他人の小さな変化に気づいて褒めること、話を聞くこと、1対1が得意。

不労所得を得ながら自宅にてのんびり開業中。時間帯により、父、母、弟がいますが静かです。

弟はほぼ一生治らないと言われている精神疾患ですが、症状は安定していて、家族で穏やかにゆったりと暮らしています。

自分に毎日ご褒美をあげても良いと思っていて、感情の切り替えが早く、協調性のあるタイプ。
知らない人に道を訊かれるのはしょっちゅう。

稲垣吾郎さん、ティモシー・シャラメ、The Wineholics、買い物、旅行、洋裁、刺繍、レース、白、水色、ネイビー、ラベンダー、
いちご、びわ、生クリーム、スイーツ、ベッドでまどろむのが大好き♡

最近、どうしても英語を聞き取れるようになりたい! と思うようになり、中1英語から楽しくやり直し中。

動物は飼っていませんが、猫派です。

 

JR清水駅から車で約15分。駐車場1台あり。
最寄りのバス停:山原梅陰寺線 五分団前(バスでお越しの方は、バス停までお迎えに上がります)

 

お買い物で困ってる・・・、個別に話を聞いてほしい という方など、喜んでお受けしております。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

⇒ お問い合わせフォーム