好きな服と似合う服の違いとは?

ファッション系統、テイスト

 

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

 

このブログは、「好きな服」「似合う服」というワードで
かなり検索されてます。

 

 

改めて、私が定義する「好きな服」と「似合う服」は
どこがどう違うのか?を書いていきますね。

※これはあくまでも私の考えです。

 

 

そして言葉の違いを知っていただくことで、一軍クローゼットに
役立ててくださいね。

 

 

 

まず、「好きな服」について。

 

これは服に限らずなんですけど、
「好き」というのは「感情」から派生するもの。

 

 

なので、「嫌い」も感情ですし、「嫉妬」「怒り」「悪いことしちゃったな」「こわい」などもそれにあたります。

 

 

例えば
ウインドーショッピングをしていて、
「あの服かわいいー
着てみたい!」
と思いますよね?

 

 

服を目で見たことにより、
「好き」「欲しい」「着たい」って感情が出てきます。

 

 

もっと分かりやすく言うと、
トマトを見て「好き」と思うか「食べたくない」と思うか、
の違いです。

 

 

なので、「好き」という思いは、服だけを目で見たり、
服の感触を手で確かめたりしてから沸き起こる感情、
なのです。

 

 

 

ここまでついてこれてますかー?

 

 

 

次に、「似合う服」について。

 

人それぞれ定義があると思いますが、私が言う「似合う服」は
外見を客観的に見た姿のこと。

 

 

外見とは外から見た様子のことです。

 

 

つまり「似合う服」とは、その人を外から見ての
「似合う」「服」なのです。

 

 

 

ここまでついてこれてますか ^ ^?

 

 

 

 

「似合うかどうか」を確認するときって、
鏡の前で服を当てているときや、試着した後、
誰かに見てもらったり、鏡で自分の姿を目で見て確認しますよね?

 

 

 

つまり、「目で確認」することで、
似合うかどうかが分かるのです。

 

 

 

見る人によって客観的に判断できる程度の差はありますが、
「似合うかどうか」を目で見て確認した後に「似合うかどうか」を判断できる
ってことです。

 

 

 

 

長くなったのでまとめますね。

 

 

 

「好きな服」は「服」を見る(触る)だけで、あなたの「好き」という感情から芽生えるもの。

 

「似合う服」というのは、「服とあなたの姿」を鏡や第三者の目で観察して、似合うかどうかを判断するものです。

 

 

 

 

「好きな服」と「似合う服」、あなたが着たいのはどちらですか?

 

 

 

もちろん、「好き」で「似合う服」を選べるようになるのも、
軽ーくできちゃうからね♪

 

 

 

まずはお一人で「好き」や「嫌い」、「似合うかどうか」をやってみて。

 

もしお一人でも限界を感じたら、一緒にやっていきましょう!

 

 

 

ちなみに私は、パーソナルカラー診断も、
すっぴんでお越しくださっても構いませんよー(*^-^*)

 

 

 

いつもあなたを応援しております☆