40代・50代 レディースファッション 8月 夏のきれいめコーデ

失敗しない洋服・小物選び

 

40代・50代 レディースファッション 8月 夏のきれいめコーデ

 

 

こんにちは。
慶子です。

 

 

 

8月に入りましたね。

 

今日は、
王道タンクワンピースと、
ベーシックなアンサンブル&パンツの印象を変えるなら?
ということで、コーディネートを考えてみました。

 

 

今っぽい着こなしの、参考にしてもらえると嬉しいです。

 

 

 

 

ネイビーのタンクワンピース

 

きれいめコーデ

 

   

 

気品とエレガンスを備えたタンクワンピース。

お仕事シーンで頼りになるアイテムを、新鮮に着こなしたい場合は。

小物まで〝王道〟にしないことがポイントです。
クールな透け感のあるPVCパンプスやビッグクラッチのように、
素材やサイズ感にモダンなインパクトのある小物が効果的。

さらに、立体的なフォルムのホワイトゴールドやダイヤモンドのジュエリーと、
大判ストールがメリハリもプラスされて、着こなしがフラットになりませんよ ^ ^

ワンピース(Theory luxe〈Theory luxe〉) ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉) 
ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) バッグ(ウィム ガゼット 青山店〈ザ ディレッタント〉) 
靴(ジージーアール ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)

 

 

 

カジュアルコーデ

 

   

 

カジュアルに着こなすなら、往年の女優のリゾートスタイルを再解釈してみて。

ヘアバンドにしたスカーフや、マキシサイズとミニサイズでメリハリを
つけたかごバッグで、クラシカルな佇まいをさりげなく更新。

そこに、アスレジャーなスポールツサンダルを加えるのがセンスの見せどころです ^ ^

育ちのよさを感じさせつつ、意外性のあるアイテムで外す。
決めすぎない〝ゆるさ〟が今の気分です。

アートっぽいゴールドのジュエリーで都会的な華やぎを添えれば、
街で過ごす休日シーンにも映える着こなしが完成しますよ。

スカーフ(トリー バーチ ジャパン) ピアス・ペンダント・バングル(ホアキン・ベラオ) 
バッグ[大](JIMMY CHOO) バッグ[小](showroom SESSION〈ミカ デラ ヴァッレ〉) 
靴(Theory)

 

 

 

ベーシックなアンサンブル&パンツ

 

きれいめコーデ

 

   

 

若い世代も愛用する仕事スタイルの定番に、大人の女性らしい個性を授けるのが、
リッチで優しい華のある小物。

スモーキーピンクのリネンストールは自然な風合いと穏やかな発色が
知的でこなれた女らしさを醸します。

ロングパールを普段使いするのも、大人の流儀。
上品な艶と程よいボリューム感が、着こなしに繊細な奥行きを演出。
装いが薄味になりがちな夏こそ、愛用したいアイテムですね ^ ^

カーディガン・ノースリーブニット(スローン) パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉) 
ストール(アイネックス〈アソース メレ〉) ベルト(カオス丸の内〈メゾンボワネ〉) 
時計(オメガ) ピアス・ネックレス(TASAKI) 
バッグ(トッズ・ジャパン) 靴(セルジオ ロッシ)

 

 

こなれコーデ

 

   

 

クール配色の着こなしを涼やかにこなれて見せたい場合、小物は色よりも、
艶を足すイメージで。

夏の日差しを受けて、ひんやり艶めく大ぶりのシルバージュエリーが
理想の存在感を演出します。

ただし、これだけでは迫力不足に…

黒×ブラウンのミニバッグは、幅広ストラップが今っぽいテイストに。

ブラウンのスエードサンダルで印象を引き締めつつ、縦ラインを強調して
すっきり感も叶えてくださいね ^ ^

サングラス(アイヴァン 東京ギャラリー〈アイヴァン〉) 
〝ワンエーアールバイウノアエレ〟のピアス ・〝ウノアエレシルバーコレクション〟のネックレス ・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン) 
バッグ(アミ オモテサンドウ〈アミ アレクサンドル マテュッシ〉)
靴(ジージーアール ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

シンプルな夏服でも、バッグやアクセサリーをひと手間加えると、
見違えるほど旬の着こなしが完成されます♪

 

 

 

変幻自在に印象を変え、残りの夏を乗り切っていけると嬉しいですね。

 

 

 

 

あなたのことを、いつも応援しております☆