【パーソナルカラー診断 静岡】ファンデーションの色味とベース(イエローベース or ブルーベース)は連動しますか?

似合う色

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

先日、パーソナルカラー診断を受けていただいたお客様から、こんな質問を頂きました。

「化粧品カウンターで肌がウォームと言われたので、
似合う色もイエローベースになるんですよね?」

 

すごく良い質問です

 

お肌がウォームトーン(イエローベース)の方は、イエローベースの服を着てください!

 

 

お肌がクールトーン(ブルーベース)の方は、ブルーベースの服を着てください!

 

「おおお~~~!分かりやすいっ!」

と歓声をあげたくなるのですが、実はこれ、誤解です(>_<)

 

 

なぜかというと、パーソナルカラーのベース(イエローベース・ブルーベース)とお顔のアンダートーンは連動しないから。

 

なので、化粧品カウンターの肌色診断を、自己判断でパーソナルカラーのベースに採用してしまうのは危険なんですよね・・・

 

 

実は私、よく「色白ですね。」と言われるのですが、元は地黒なのです。

中学生の頃からすごく頑張って、美白化粧水をつけてました。

色白、と言われる私の肌ですが、ファンデーションの色はウォーム系なんですよね。

 

 

では私のパーソナルカラーは?というと、16分類でいうと、「夏夏」なのです。

 

パーソナルカラーが夏の場合、ベースはブルーです。

なので私に似合う服やメイクの色は、ブルーベース系なんですよね。

 

こんな感じで、私みたいに
ウォームトーンの肌だけどブルーベース、
クールトーンの肌だけどイエローベース
という診断結果になることもあります。

 

では化粧品カウンターの診断結果は何のためにあるのか?というと
ファンデーションの色選びをするために活用してくださいね。

 

むしろその結果を信じて、ファンデーションを買う方がおススメなのですよ。
きっと便利な基準になるはず。

意外とファンデーションの色味が合ってるのか、合ってないのかは分かりにくいですものね。

 

 

というわけで、リップやチークなど色物は、パーソナルカラーのものがオススメですが、
ファンデーションはお肌のトーンで選んでOKです。
というか、お肌のトーンで選ぶべきなのです。

 

なぜかというと、ファンデーションというのは、素肌に合わせて選ぶのが基本なので。

 

むしろ洋服に合わせたらダメなのです。
首と違う色になったり、おかしなことになりかねないから 笑

 

素肌に近いファンデーションじゃないと、色の見え方も変わってしまうため、素直に素肌に合わせればOKです。

なので今、お使いのファンデーションが素肌に合っているのなら、結果に関わらずそのまま使うことができます。

 

パーソナルカラーが分からなくても、お肌のトーンが分かっていれば、似合うファンデーションは買うことができるのです。

 

ちなみにファンデーションを選ぶ場合は、手ではなく顔色と比較して下さいね。
手とお顔では色味が全然違うので。

 

 

ファンデーションの色味と似合うベースカラーについて、理解してもらえましたでしょうか?

 

 

うーん、ちょっと分からない・・・
という方は、こちらからお気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

あなたがより一層キレイになれるよう、応援しております☆