清色と濁色の見分け方のコツ

色彩理論

 

清色と濁色の見分け方のコツ

 

 

 

この記事を見ていただき、ありがとうございます。
慶子です。

 

 

 

清色と濁色の見分け方について、
ニットやスーツのジャケット、コート、ネックレス、アイシャドウ、
チーク、リップの色選びで、ご自分に似合う色を選べるよう、
できれば一直線で進めていきたいところですよね ^ ^

 

 

 

「見分けたい!」という方は、次の方法を試してみてもらえると、
嬉しいです。

 

 

 

 

清色と濁色を見分けられるようには、

・清色にが入っているか、が入っているか、グレーが入っているか
冷静に考えてみる
・何回もやってみる、実践してみる

のがコツです ^ ^

 

 

 

 

ちょっとここで、理論派の方と感覚派の方に分けて解説してみますね。

 

 

 

まず、理論派の方へ。

 

 

清色とは、純色に、白か黒のどちらかが混ざった、混じりけのない色のことです。

(白と黒は、色の世界でも究極に澄んだ、混じりけのない色なんですね)

 

 

 

たとえば、「純色」の赤に白を足すと、ピンクになります。

 

赤+白 ⇒ ピンク

 

 

 

次に、この「純色」の赤に黒を足すと、ワインレッドのような色になります。

 

赤+黒 ⇒ ワインレッド

 

 

 

白を足したピンクも、黒を足したワインレッドのような色も、
どちらも色は澄んでいるまま、
色の調子だけが変化したのを感じてもらえると
嬉しいです。

 

 

 

このように、「純色」に白 もしくは黒の、どちらか一方を足した場合は、
澄んだ色である「清色」となります。

 

 

 

 

そして、濁色とは、純色にグレー(白と黒を混ぜた色)が混ざっている色
のことを指します。

 

 

 

ただ、一口にグレーと言っても、明るいグレーも、暗いグレーも
ありますよね?

 

 

 

まず、赤の「純色」に明るいグレーを足してみましょう。

 

明るいグレーを足すと、右側のような色になります。

 

 

 

 

次に、赤の「純色」に暗いグレーを足してみましょう。

 

「純色」の赤に、暗いグレーを足すと、右側のような色になります。

 

 

 

 

今度は、どちらも濁った調子に色が変化したのが感じられますよね。

 

 

このように、「純色」にグレーを足した色は、濁った色「濁色」となります。

 

 

 

グレーは黒と白でできています。

なので、グレーは黒+白の二色の特徴を併せ持っているのですね。

 

 

 

そのため、グレーは色が混ざり合ったようなどこか複雑な色のニュアンスを持っており、純色に混ぜると濁ったように見えるのです。

 

 

 

 

上記の部分が一番大事なので、まずは見分けてやる!と気負うのではなく、
これらのことを頭で理解するのが第一段階です。

 

 

 

 

なので繰り返しになりますが、清色か濁色かを見分けるには、

色を見たときに、純色に、

白だけが混ざっているか、黒だけが混ざっているか、
グレーが混ざっているのかを見分ける

のがコツ、ということになります。

 

 

 

 

他の視点からの補足が欲しい! という方は、下の図を見てみてください☆

 

 

一番左端の v は純色です。

vも、bも、dpも、その他のものも、『色相環』と呼ばれてます。

 

 

上の方の、赤で囲った部分が、純色に白を混ぜた清色です。

で、緑で囲った部分が、純色に黒を混ぜた清色、となるんですね。

 

 

 

図を見ると、赤で囲った部分は、右に行くほど、白 に近い色になっていき、
緑で囲った部分は、右に行くほど、黒 に近い色になってるのが分かると思います。

 

それらの色が 清色 ということになります。

 

 

 

 

そして、濁色が、囲まれていない部分となります。
(一番左の V(純色) は除きます)

 

濁色は、純色にグレーを混ぜた色なので、右に行けば行くほどグレーに近い色
になるのが分かってもらえると幸いです。

 

 

 

 

じゃあ感覚派の私はどう見分けたらいいの~? という方は。

 

 

清色は、「クリアな色、澄んだ色」、

濁色は、「ソフトな色、スモーキーな色」

と感じることができます☆

 

 

 

左側は清色のグループ、右側は濁色のグループですよ。

 

 

 

なので、

清色は クッキリした色、

濁色は 一枚ヴェールがかかったような色、くすんだ色、

と覚えるのがおススメです ^ ^

 

 

 

 

見分けられるようになりたい方は、
まずは身近にある服や紙で、
「これは清色?濁色?」
と問いかけるところから始めてもらえると嬉しいな(*^-^*)

 

 

 

 

ネットや雑誌からの知識を自分の変化に変えるために、
深めていきながらも実践していただけると、
嬉しいです♡

 

 

 

 

とは言っても、問いかけも続けるけれども、
「一人じゃ何となく不安・・・」
「もう十分に勉強を積んだな」と感じるときは、
ドレープ(布)を手に取りながら一緒に腑に落としていきましょう!

 

 

 

こちらのコースでは、テキストやドレープを使ったり、
簡単なクイズ形式にして、ご本人に伝わりやすいような言葉で
解説してますよ ^ ^

 

 

一人でできないところは、一緒にできるようになっていってもいい

 

 

 

 

いつもあなたのことを応援しておりますね☆

 

 

ーーーーー

先月行った、スパリゾートハワイアンズのお土産。

オーダーした通り、タイミングよく吾郎さんにも会えたし、香ばしくて美味しかったー

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。