【メイクレッスン 静岡】「脱童顔!」童顔を卒業して「大人メイク」にするコツとは?

メイク

メイクレッスン 静岡 脱童顔にするには?

 

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・慶子です。

 

 

今日のテーマは、童顔を抜け出し「大人顔」に近づくメイク、ヘアスタイルについてです。

 

 

私はもうアラフォーなんですが、この前旅行に行った初日に、一緒のツアーに参加した人から
「大学生? 20代?」
と訊かれました。

 

 

さすがにツアーも3日目が過ぎると、素が出てきて、そうは思われなくなりますけどね(苦笑)
「誉め言葉」として受け取ってます♡

 

 

これでも今はまだ、マシな方です。

30代前半の頃は「自分が童顔」だということもよく分かってなくて、
「子どもっぽい服しか似合わない。
どうしていいかも分からない・・・」
ということが悩みの種でしたから。。

 

 

私の話はこのあたりにしておいて。
ヘアメイクのポイントを書いていきますね。

 

 

1.ヘアスタイル

髪型はすごく重要です。
「前髪」があると、一気に幼く見えます。
まずは前髪を斜めにしたり、髪を伸ばしたりして、前髪を大人っぽく見せることから始めましょう。

 

 

2.ベースメイク

「童顔」さんは、「丸顔」「ベース顔」の方が多いです。
「シェーディング」をして陰影をつけ、お顔の輪郭を目立たなくさせていきましょう。
シェーディングの色は、自分の肌色よりもワントーン暗めの色で、パウダータイプを選ぶと上手くいきますよ!

 

 

3.チーク

お顔の大部分の面積を占める頬。
頬をどう見せるかで印象や雰囲気が変わるので、チークを入れる位置、角度、色はとても重要です。
黒目の下と小鼻の横を結んだところから 目尻方向に向かって入れると、大人っぽく見えますよ。

 

 

4.アイシャドウ

細かい話ですが、童顔の方は「遠心顔」の方が多いです。
お顔のパーツを中央に寄せるメイクをする方が大人っぽく見えるので、アイシャドウの強調ポイントは目頭側です。

 

 

5.リップ

口角がぼんやりしていたり、唇が厚い方も割と多いです。
コンシーラーでカバーしたり、リップブラシを使って丁寧に仕上げると、「上品」「エレガント」な印象を作ることができますよ。

 

 

 

 

以上が大人っぽいお顔に近づく方法です。

コツは「求心顔」に近づける、ということですね。

 

 

 

 

まずはお一人でやってみて、
一人だとできないところがある・・・
もっと自分だけに似合うメイク法を知りたい!
という方は、あなたのペースに合わせますので、直接訊きに来ていただけるととっても嬉しいです♪

 

 

 

1対1で丁寧に教えてほしい!という方は、
こちらのフォームからお申し込みくださいね。

すっぴんでお越しくださっても、私は全く気にしません♪

 

 

 

いつもあなたのことを応援しておりますね☆