パーソナルカラー診断を受けて、服を選べるようになるにはどうすればいいの?

似合う色

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

今日は、パーソナルカラー診断を受けて、服を選べるようになるにはどうすればいいのか? を書いていきますね。

 

 

ちなみに、よほど色の感覚に優れている人でなければ、パーソナルカラー診断を受けただけでは似合う色の服を選ぶことは難しいのですよ。

残念ですが・・・

 

 

せっかく診断を受けたんです。
似合う色を選べるようになりましょう~

 

ではさっそく。

 

パーソナルカラー診断を受けて服を選べるようになるには、
色の勉強をする
色を見分ける練習をする
のが一番効果的です。

 

勉強!?
嫌だな~ 

というお声が聞こえてきそうですけど(>_<)

 

 

知っての通り、一つ一つの色は、

イエローベース or ブルーベース

濁色 or 清色

明るい or 暗い

原色寄り or モノトーン寄り

の要素が組み合わさってできています。

 

一口に 黄色 と言っても、
イエローベース系の黄色かブルーベース系の黄色か、暗い黄色か明るい黄色か、濁色の黄色か清色の黄色か、原色寄りの黄色かモノトーン寄りの黄色かで、黄色の種類が違うのですよね。

 

突然ですが、上の写真は、どちらがイエローベースの黄色で、どちらがブルーベースの黄色か、見分けがつきますか?

 

 

正解は、左がイエローベースの黄色で、右がブルーベースの黄色です。

 

 

こんな感じで、診断を受けて色を選べるようになるには、何かしらの勉強をしたり、色を見分ける練習をすれば、選べるようになるのですね。

 

そのために私のサロンでは、色を見分けらるように、パーソナルカラー診断の前に勉強したり、ショッピング同行サービスで、似合う色の服を目で見て確かめてもらってます。

回数を重ねるたびに、できることは増えてきますよ(*^^)v

私は全然見分けられなかったので、何回も何回も練習しました。

勉強したおかげで、選べるようになりましたよ。

 

せっかくご自分に似合う色が分かったのですもの。

服だけじゃなく、メイクやネイル、靴やバッグ、アクセサリーやヘアカラーにも使えると良いですよね♡

 

 

他に方法があるとしたら、診断後にお渡しするスウォッチという、布でできた色見本があるのですが、それを持ってお買い物に行く、という手もあります。

お店で見比べるのは、ちょっと恥ずかしいかもしれないですけどね。

春夏秋冬のすべてが載っているものだと、スウォッチを見ているだけで勉強になりますしね

 

 

という訳で、服の色を選べるようになるには
色の勉強をする
色を見分ける練習をする
スウォッチを持ってお買い物に行く
という方法をお伝えしました。

 

 

ただ結果を知るだけではなく、色を実際の生活で活用できるようになれると良いと思うのです ^ ^

 

 

まずはお一人でやってみて、分からない・・・ と思う場合は、
一緒にやっていきましょう!

 

一気に全部をやろうとしなくてOKですし、ちょっとずつ、ひとつずつでいいからやっていくのもおススメですよ(*^^)v

 

 

今日は不労所得収入の入金日なので、これから銀行巡りをしてきまーす

 

 

いつもあなたのことを応援しておりますね☆