外見を着飾ってばかりで、服を買うことだけで褒められたかった過去の私・・・

コンプレックスとの向き合い方

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

今日は私の話を。

興味のある方は読んでくださいね。

 

 

 

私はうつ病になってから、同時に買い物依存症になってました。

 

 

服を買うと、まず店員さんに褒められます。

「お似合いです。素敵です。」って。

 

で、新しい服を会社に着ていくと、これまた褒められます。

「素敵! その服どこで買ったの?」って。

 

 

 

褒められるって、嬉しいですよね ^ ^ ?

 

 

それがどうして悪いの?

と思う方もいるかもしれません。

 

 

 

ですが、褒められるためだけに洋服を買っていたら、お金が足りない・・・ と思うようになるかもしれませんし、いつか自分が辛くなるかもしれません。

 

 

それに、褒められる要素って、外見だけ、ファッションだけ、じゃなくても良いのですよね♪

 

 

たとえば、

時間通りに起きられる もOKですし、

約束を守る もOKですし、

字がきれい もOKですし、

自分の意見をはっきり言える もOKなのです。

 

 

 

そう書くと、
「それくらいのこと、みんなできるでしょ!」とか、
「まだまだ上がいるしー」

と思う方もいると思うのですが、そこは

「私ってすごい!」
と褒めポイントに変換です♪

 

 

要は、褒められる・褒めることに対してむやみにハードルを上げなくて大丈夫、なのですね(*^^)v

 

 

ただ私は、自分のことを褒められるような存在じゃない、と思ってたので(年収も低かったですし)、見た目を着飾ることで、特別感のある人になりたかったです。

 

 

私には、それしか褒められる方法がないと思ってたから・・・

 

 

 

自分で自分を褒めるって、気持ち悪い・・・ と思う人もいるでしょう。

 

 

 

ただ、小さなことから自分を褒めていくと、いつの間にか【自分を大切にする】ができてくるようになります。

 

 

 

自分を責めたくなっても、
全然できてないって思ってても、

コンサルテーションではあなたを褒めるポイント、
自信に変えられるポイントを
私から提示されることも多いです。

 

 

ご相談いただいたときから、
「こんなに進んだねー」って
変化を回想させられたりもします。

 

 

一緒に振り返っても
みなさま、「でもでもだって」とご自分の変化を
受け入れたくないみたいなのですよね!(笑)

 

 

 

自信つけちゃったら困ることって何??

自信ついちゃったらマズイことは何かな??

 

 

ここも問いかけてみてくださいませ(*^-^*)

 

 

いつもあなたのことを応援しておりますね☆

 

 

ーーー

友人とのランチ。

デザートまでしっかり(笑)