骨格診断(体型分析)静岡 似合う服、スタイル良く見える服を着るコツ

スタイル良く見せる方法(体型分析・骨格診断)

 

先日お越しくださったMさまの体型分析結果を翻訳中で、机の上がカオスです~
よく事務職で働いてたな・・・(雇ってくれていた会社に感謝!)

 

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

 

今日のテーマは、スタイル良く見える服を着るにはどうすればいいの?
です。

 

 

 

ということで、2つのやってみてほしいことを書いていきますね。

お時間のある方は、前回のこの記事も、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

まず、自分に似合う服を着るためにしてみてほしいことは、

ちょっと耳が痛い人もいるかもしれませんが、

 

1.スリーサイズをはじめとした、自分の体型や外見の要素を把握すること

 

 

今のあなたの、正確なスリーサイズはどれくらいですか ^ ^?

 

 

 

スリーサイズとは、バスト、ウエスト、ヒップ周りのサイズのことです。

 

他にも、お顔の形は?首の長さは?脚の長さの比率はどうでしょうか?

 

 

 

スタイル良く見せるには、まずはこれらの数値を正確に知ることが、とーっても大切です ^ ^

 

自分で書いてても、胸がギュウッと苦しいのですが・・・

 

 

敵を攻略するにはまず味方から、という言葉があるように、
その場しのぎではなく、スタイル良く見える、垢抜ける服を着るためには、
ご自分のことに目を向けてみましょう、ということですね ^ ^

 

 

 

ここまでで、ご自分のサイズを把握していただいたと思います。

 

 

 

次は、

 

2.今のままの体型で、どうすればスタイル良く見えるか?という視点で考える

 

 

次にやることは、どうすればスタイル良く見せられるか?という部分ですね。

 

 

 

ボンキュッボン という言葉があるように、やはり女性の体型は、砂時計のように見える体型が理想です。

 

 

 

とは言え、ここで大事なのは、まずダイエットしてください、という話ではなく、あなたの体を活かす、という視点。

 

 

 

なので、今のあなたの体・スタイル・長さの比率をベースにして、どういう服を選べばスタイル良く見えるのだろう?という視点を持つということなのですね ^ ^

 

 

初めにダイエットありきではなく、です。

 

 

 

それに、例えダイエットが成功したとしても、首の長さを変えたり、脚の長さを長くするのは物理的に難しくないですか?

 

 

 

ただ、首や脚を長くするのは難しいですが、首や脚を長く見せるのは簡単なのです。

 

ダイエットも、さすがに3日くらいでは気になる部分が細くならないと思いますが、細く見せることは可能ですよ ^ ^

 

 

 

ではどうやってスタイル良く見せられるか?ということですが、目の錯視(目の錯覚)を使います。

 

 

例えば、首が短いかもと思ったら、
Vネックなど胸元がスッキリした
デザインを選んでみる

 

ヒップ、脚や太ももが太いと感じたら
チュールやギャザーなどの立体的な装飾ではなく
シンプルで、ラインやシルエットがキレイなボトムスを着てみる

 

ということですね ^ ^

 

(ちなみに、おススメです、とお伝えしてるだけで、絶対スタイル良く見える服を着なければだめ、という意味ではありませんよ~)

 

 

 

もちろん、服のシルエット(形)だけで考えるのではなく、色でスタイル良く見せる方法もあります。

上の写真は、ボトムス(白のスカート)の方が、トップスよりボリュームがあるように見えますよね?

 

 

そんなスカートを、洋梨体型さんが身に着けると どう見えるでしょうか?

 

 

 

 

スタイル良く見せるには、色と形を応用していくのがとても大切です。

 

 

まずはご自分の身体をよーく観察してみて、どういう服を着たらボンキュッボンに近づけるだろう?という視点で考えてみてくださいね。

 

 

 

 

バストを大きく見せるって?

ウエストが細く見える服って??

 

 

 

まずはご自身でやってみて。

 

どういうすればいいの? が続くようなら、こちらのコースで一緒にブラッシュアップさせていきましょう(*^^)v

 

 

 

太ももやお尻等、ちょっと気になるところがあるかもしれませんが、「下がってきた?」と思っていても、必ず魅力的なところがあるので、「私って大丈夫なんだ」に一緒に変化させていきましょうね!

 

 

 

いつもあなたのことを応援しております☆