【パーソナルカラー診断 静岡】この色、なんとなく似合うと思うけど、その感覚は合ってるのかな?と思ったときに読んでください♡

似合う色

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

 

先日、メンターにセッションしてもらっていて、そのときに「私、自分では原色の黒や青が似合うと思って着てるんだけど、そういう感覚って合ってるのかなぁ」と訊かれたので、今日はそれがテーマです。

 

 

もうね、ズバリ。

その感覚、合ってます♡

安心してください!

 

 

と書いても、
「そうは言っても本当かな?」
と思う方もいると思うので。

 

 

なぜ言い切れるかというと、女性って元々、変化の機微を細かく感じることができるんです。

 

○○さん、前髪切ったな、とか、ネイル変えたなって、
女性のほうが気づきやすいですよね?

逆に男性には、よほどな人でない限り、細かな変化をなかなか気づいてもらえなかったりします。

 

 

ネイルやヘアスタイルだけでなく、色についても同じです。

 

私は20代の頃から、
「私はくすんだ色(グレーがかった色)が似合うんだよね。
それに、茶色や黄色はあまり着たくないな。なんか違う気がする。」
とずーっと思ってました。

 

で、30代半ばに初めてパーソナルカラー診断を受けたのですが、
その感覚は、見事に当たってました♡
(私のパーソナルカラーは夏夏で、ブルーベース、くすんだ色、明るい色が似合います。)

 

 

私が診断させていただいたお客様も、おっしゃっていたことがあります。
「昔から原色が似合うんだと思って着ていて、
逆に他人からそれを指摘されてコンプレックスに感じたこともあったけど、
診断を受けたからこそ堂々と原色を着られることができます。」
って。

 

 

そうなんですよね。
見た目で、世間的な評価とか、他人の目とか、
そういうのを気にしてしまうのは、
すごくもったいないんです。

 

ここはご自分の「似合う」という感覚を信じてほしいと思うのです♡

 

 

 

そもそもパーソナルカラーって、個性の色ですよね?

 

もう少しかみ砕くと、
その人だからこそ似合う色、その人だけがもっと綺麗に見える色
なのであって。

 

それを、ご自分の感覚をムシして、しかも他人の目を気にして着られなくなってしまうのは、
とてももったいないと思うのです。

 

 

なので、この記事を読んでくださったあなたには
他人の目や世間的な評価を気にせず、
ご自分の感覚を信じてほしいなぁと思ってます♡

 

 

とは言っても、
「本当にそれでいいの?」と思ったときは、
あなたの魅力や、きれいになれる色を一緒に探していくことができる、
ということを覚えておいてくださいね ^ ^

 

 

私にご依頼いただけたら、丁寧に見させて頂きますね。
一緒に魅力アップさせていきましょう♡

 

 

この記事を読んで、受けなくても大丈夫! と思う方は、
ご自分を信じて、ファッションをもっともっと楽しんでいきましょう!

 

 

いつもあなたのことを応援しております☆

 

 

ーーーー


大好きなロイヤルクリスタルカフェにて♡

都内をフラフラ歩いてたら見つけました

全部マカロン!!
かわいいー