【保存版】女性向け ファッションジャンルを無料で診断したい! 服の系統が決まらない… 好きな系統が複数あるのをなんとかしたい! という人は、読んでください♡

ファッション系統、テイスト

 

こんにちは。
イメージコンサルタント・片瀬慶子です。

 

 

今日は、
雑誌を読んでも服の系統が定まらない・・・
ファッションジャンルを無料で診断したい!
気になるファッション系統が複数あって、どの服着ればいいの?
という方に、やってみてほしいことを書いていきますね。

 

 

数回身に着けて飽きてしまうものや、あってもなくてもいいものを買わなくなると、当たり前ですがお金は手元に残るようになりますよね。

 

 

そして、自分にとって「こういうのが欲しかったの!」というものを見つけるには、自分の好みを具体的に知るのが一番の近道だと思うのです ^ ^

 

今回は長文ですが、全部重要なので、最後まで読んでいただけると嬉しいです♡

 

 

 

1.これから着てみたい という服の系統をピックアップする

 

まずは理想のファッション系統(見た目・外見)を探します。

無料のサイトでしたら、こちらもおススメです。

また、今までなんとなく選んでいた、服の色や形、柄、素材を具体的にピックアップしていくのもOKですし、私が使っている 国際イメージコンサルタント基準で服の系統を選んでもOKです。

国際イメージコンサルタント基準での服の系統は、各リンクをチェックしてみてくださいね。(読んだら戻ってきてください~)

 

 

SWEET系(キュート・フェミニン)・・・ガーリー、女の子っぽい、可愛らしい、つつましい、家庭的、清楚

 

ELEGANT系(レディライク・クラッシー)・・・女性らしい保守、良妻賢母、お受験ママ、洗練感、上品

 

TRADITIONAL系(ブリティッシュ・フレンチ)・・・落ち着いた、おとなしい、信頼感、責任感、ビジネスライクな、ムダがない

 

CASUAL系(スポーティー・ナチュラル)・・・ヘルシー、マリン風、アクティブ、フレンドリー、自然体、飾らない

 

MODERN系(ドラマティック・ストロング)・・・国際的、自立した女性、強い、浮世離れ、自己主張強め、迫力のある、エッジの利いた

 

UNIQUE系(クリエイティブ・エスニック)・・・力動感、個性的、アーティスティック、独立心、型にはまらない

 

LUXURIOUS系(ゴージャス・アリューリン)・・・マチュア感、成熟した、大人の余裕の大胆さ、女性として自信がある、マダムのような

 

 

 

もちろん、上に挙げてある系統以外の服を着たかったら、それをピックアップしてOKです。

 

 

ですが、全然見つからない・・・  着たい服が分からない・・・ という方もいらっしゃるはず。

 

 

そういう場合は、着たくない服の色や柄、形、素材を具体的に挙げていくことをおススメします。

着たくない服が分かったら、着たい服も分かってきますよ ^ ^

 

 

 

2.上で挙げた系統がピッタリ合う!
これから着たい服です、という場合は、ここまででOKです。

 

ご自分を信じて、行動する段階です。
ぜひ、お店周りやショッピングを楽しまれてくださいね。

ちなみに、選んだ服を着て、実践してみることが大きな一歩となりますので、それだけは覚えておいてくださいね ^ ^

 

 

 

3.気になる系統が複数ある、上で挙げた服がしっくりこない、物足りない、ちょっと心配な場合は、自分の内面性に目を向けてみる

 

ファッションと言えど、ある程度経験を積むと、どうしても
何か違う・・・
ピッタリのものが見つからない・・・
という方が出てくるのは当然のことです。

 

 

そういうときにこそ、あなたの内面(性格・他人に分かってほしい個性)に目を向けるときです。

 

「そんなことやって意味あるの?」
と思うかもしれませんが、まずはやってみてくださいね ^ ^

 

 

 

ちなみに、私が使っている方法では、内面も大きく7タイプに分かれます。

 

 

1.思いやりがある、親切、優しい、感性豊か、柔和、協力的

2.洗練されている、凛とした、几帳面な、控えめ、穏やか

3.フレンドリー、面白い、自然体、楽天的、気取らない

4.ビジネスライクな、保守的、忠実、頼りになる、責任感が強い

5.大胆、魅惑的、誘惑的な、セクシー、思わせぶり

6.積極的、目立つ、自信のある、物怖じしない、他人行儀な

7.冒険好き、芸術的、自由、変わっている、独創的な

 

 

 

7タイプの中に、当てはまるものはありましたか?

 

 

 

ここで大切なのは、「誰に何と思われようと、私と言えばコレ!」と遠慮せずに決めるのがポイントです。

 

 

内面にも目を向けてみると、だいぶしっくりする方が増えてくると思います。

 

 

 

4.1番初めに挙げた着たい服をベースにして、どうすれば内面性(両方)を服や小物で取り入れられるか? を考えてみる

 

 

これは慣れるまでコツがいりますので、例えを挙げてみますね。

 

 

例えば、外見の着たい服がSWEET系で、内面がフレンドリー、気取らない等が多かったら、どうすれば、外見と内面の理想を兼ね備えたファッションを身に着けられるのか? と考えてみるのです。

 

 

色はピンク?、白?、ブルー?、それとも黒だと表せそうかな?
柄は花柄?、ストライプ?、無地?、ペイズリー?、それともフリルならいいかな?
素材は綿?、麻?、シルク?、ツイードかな?
シンメトリー?、それともアシンメトリー(左右非対称)だと私っぽいかな?

 

 

 

考えることで脳が働き出しますので、あとは「自分にしっくりくる」コーディネートを諦めずに見つけることを、おススメします ^ ^

 

 

 

今まであなたは、雑誌やインスタを参考にしたり、店員さんやお友達の意見を参考にして、上手く乗り越えられたこと(時期)があったのかもしれませんね。

 

 

 

ただ、今まで上手くいっていた経験を、これからもずーっと続けていく必要も、ないのですね。

 

 

 

誰かに道を作ってもらったり、誰かに決めてもらったレールの上を歩き続けて行く方がいいんだとしたら、

どうするか? を迷ったら、決めてくれる人のアドバイスだけ採用してたらいいのでしょうし、

迷ったら聞いて、その通りやって、たとえ望んだ結果にならなくても
「言われたとおりにやったんだからOKさ!」ってなるはずで、

ファッションのことを調べる機会や、自分に問いかける機会に出会わなかったんじゃないかな。

 

 

 

【自分で自分のことをあきらめない】

 

 

私はここが見える限り、(ご本人は意識できてなくても)
本当に着たい服に出会えるまで角度を変えて質問していきますし、
知ってること、経験したことは、何でもお伝えしていきます。

 

 

 

本心を探っていくのって 頭がフリーズすることもあるし、観たくないことを観なきゃいけなくなることもある。

 

 

でも、そこを乗り越えたとき。

 

 

どこかのタイミングで置いてきたあなた自身を取り戻すことができるし、

本当に着たい服・言いたいこと・やりたいことを抑え込んじゃう癖を手放すことができるし、

誰かのために…だけじゃなく、自分のためが誰かのためになる循環ができる。

 

 

 

こうやって自分を知っていくほど、自分を取り戻していくほど、自分を解放していくほど、
人生もファッションも、自分主体で進めていけるんですよね。

 

 

 

自分主体で決めて行動するからこそ、楽しいことがさらに楽しくなると私は思ってます。

 

 

 

たとえば、気乗りしないときにディズニーランドに行こうと連れて行かれて、行ってみたら案外楽しかったなって思うこともよくあることだけど、

ディズニーランド行きたい!!って思ったから 行ってきた! の方が断然楽しいじゃない??

 

 

 

[なんとなく]や[まぁこれでいいか]じゃなく、

【これがいい!】を常に選んでいく。

 

 

 

こちらのコースで一緒に見つけていきましょう。楽しいですよ ^ ^

 

 

いつもあなたのことを応援しておりますね☆

 

 

ーーー
昨夜、ようやく溜まった雑誌を読んでファイリングしました。
スッキリしたー♡

最後までお読みいただき、ありがとうございました。