【パーソナルカラー診断 静岡県】パーソナルカラー 秋 が似合うとどう見えるの? 似合う・似合わないの判断基準とは?

似合う色

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

久し振りの更新です。

もうすぐクリスマスですね
大好きな苺のケーキを食べられるのが、とっても楽しみです ^ ^

 

 

今日は先月の続きで、パーソナルカラーが秋だったらどう見えるのかな? という視点で書いていきますね。

似合う色を身に着けて、今以上に素敵に見せたい! という方は、参考にしてみてください。

 

 

秋の色がお似合いになる方は、ゴージャスであでやか、大人っぽい印象になります。
渋いモスグリーンやくすんだサーモンピンクなどを身に着けると、とても華やかに見えます。

 

 

秋は、自然界のすべての色に深みが増す季節です。

パーソナルカラー秋の色は、実りの秋の稲穂や柿や栗の実の色、紅葉する山々の錦や黄金色のように、どこか重みを感じさせる色でまとめられています。

 

 

専門用語で言うと、秋のグループは、
「イエローベース(暖色系)」「中~低明度(暗め)」「濁色(ソフトな色)」
という特徴を備えています。

 

 

これらの特徴によって、秋の色が似合うと、
「顔の血色が良く、輪郭がすっきりと引き締まり、なめらかなお肌に見える」
という効果がお顔に出ます。

 

詳しく書くと、イエローベースの反応で、お肌が黄味を帯びて見えます。
イエローベースがお似合いになると、お肌がいきいきと血色が増して見え、黄味が強いほどお肌にあでやかさを感じるようになります。

 

そして中~低明度(暗め)の反応で、お顔がリフトアップします。
中~低明度がお似合いになると、お顔の輪郭が引き締まって小顔に見えます。

 

また、濁色の反応で、お顔に1枚ベールをかけたようなツヤ消し効果を得られます。
濁色がお似合いになると、お肌にマットななめらかさが生まれ、ほうれい線などの線もソフトに感じられます。

 

 

秋の色をのせると、このような反応が出る方は、秋のグループがお似合いになります。

 

髪の色・瞳の色・よく使うリップカラーが以下のような方は、秋がお似合いになる確率が高いです。

 


   ダークブラウン              深みのあるダークブラウン    ブラウン

 

 

逆に、お似合いにならないと、
「顔が黄ばんだり、色素沈着などが目立ったりして地味な印象になり、実年齢より老けて見える」
というマイナスの反応が出てきます。

 

 

 

お手持ちの服やストールに、秋のグループの色はありますか?

 

9月頃に店頭に並ぶ、マスタードイエローは、秋のグループの色ですよ ^ ^

 

 

お持ちの方はお顔周りに当てたりして、どんな反応が出るか、チェックしてみてくださいね☆

 

 

 

一人でやってみたけれど、合ってるかどうかちょっと心配・・・
前に受けたけれど、似合う色はこれで合ってるかな?
そろそろ似合う色で揃えていきたい
という方は、丁寧にお手伝いしますので、一緒にやっていきましょう!

 

すっぴんでお越しくださっても大丈夫ですよー

私は全然気にしません ^ ^

 

 

 

いつもあなたのことを応援しております☆