【パーソナルカラー診断 静岡県】パーソナルカラー 夏 が似合うとどう見えるの? 似合う・似合わないの判断基準とは?

似合う色

 

こんにちは。
片瀬慶子です。

 

最近パーソナルカラー診断にお越しくださる方は、新しい出会いを求めていらっしゃる方が多くて。

 

お顔もパッと映えるようになりますし、目から鱗の知識も加わって、上手くいくようになりますよ☆

 

 

今日は先日の続きで、パーソナルカラーが夏だったらどう見えるのか? という視点で、書いていきますね。

夏だといいな~ という方は、参考にしてみてください。

 

 

夏の色がお似合いになる方は、エレガントでソフトな優しい印象になります。
少し色あせたような青、ソフトなピンクやローズ系の赤が、品よくまとまとまります。

 

 

夏は、新緑の頃に比べると、木々の緑が深みを増す季節ですよね。

パーソナルカラーの夏の色は、夏の強くまぶしい日差しのもと、全ての色が白んで見える景色、夏だからこそ求められる涼しげな色でまとめられています。
花で例えるなら、ヒマワリのような強い色ではなく、紫陽花や月見草のような色です。

 

 

専門用語で言うと、夏のグループは、
「ブルーベース(寒色系)」「高~中明度(明るめ)」「濁色(ソフトな色)」
という特徴を備えています。

 

 

これらの特徴によって、夏の色が似合うと、
「色がきれいに白く、明るく、なめらかなお肌に見える」
という効果がお顔に出ます。

 

 

詳しく書くと、ブルーベースの反応で、お肌が青みを帯びて見えます。
ブルーベースがお似合いになると、お肌がきれいに白く見え、さらに収縮効果があるため、スッキリ引き締まって見えます。

 

そして高~中明度の反応で、顔色が明るく見えます。
高~中明度がお似合いになると、色素沈着やシワなどの線が目立たなくなります。

 

また、濁色の反応で、お顔立ちがソフトに見えます。
濁色がお似合いになると、滑らかなマット肌に見え、お顔立ちに立体感が生まれます。

 

 

夏の色をのせると、このような反応が出る方は、夏のグループがお似合いになりますよ。

 

付け加えると、髪の色・瞳の色・よく使うリップカラーが以下のような方は、夏がお似合いになる可能性が高いです。

 


  ソフトなブラック      ソフトな赤茶       モーヴピンク

 

 

逆に、お似合いにならないと、
「顔が不健康に青白く、膨張して大きく見え、お肌にツヤがなく、たるむ」

というマイナスの反応が出てきます。

 

 

 

お手元に、夏のグループの服や、リップカラーはありますか?

 

 

お持ちの方はお顔周りに当てたり リップをつけて、どんな反応が出るか、チェックしてみてくださいね☆

 

 

まずはお一人でやってみて、自力で限界を感じたときは、お茶を飲みながら一緒にやっていきましょう!

 

 

いつもあなたのことを応援しております☆

 

——-

先日行った、イタリアンランチビュッフェの写真をアップ☆

 

 

メロンとフルーツサンドとアスパラのなんちゃらがすごくおいしかったー

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。